過去の展覧会

さわ ひらき

2014年2月12日(水) - 4月26日(土)

さわ ひらき

展示一覧へ戻る

3月30日まで開催中の東京オペラシティアートギャラリーでの個展にあわせ、オオタファインアーツでもさわひらきの展覧会を開催致します。

さわひらきは1977年金沢に生まれ、高校卒業後イギリスに拠点を移したのち、2002年に室内を行き交う飛行機のシングル・チャンネル《dwelling》で鮮烈なデビューを飾りました。そうした「新進作家」としての活動から「ミドル・キャリア」とよばれる時期に達した近年では、スコットランドのダンディー・アート・センターと東京オペラシティ・アート・ギャラリーで大規模な個展を開催いたしました。その連動企画として、オオタファインアーツでの本展では、2009年の作品《O》をこれまでとは違ったバージョンで展示いたします。《O》は2009年にブリスベンのクイーンズランド・アート・ギャラリー(QAG)|ギャラリー・オブ・モダン・アート(GOMA)で開催された第6回アジア・パシフィック・トリエンナーレ(APT6)に出展され、その後は現地の所蔵作品になりました。作中に現れる大自然の風景は、作家が一か月間にわたってオーストラリアにて滞在、撮影した実際の映像です。

十数年のキャリアのなかで、さわが関心を寄せてきたのは、時間や移動、旅行や流動性、転置やディスロケーションといった概念です。日本とロンドンのあいだで長年生活を送るさわにとって、移動や流動といった要素は、きわめて身近な問題でもありました。「《O》は、際限なく回り続ける家具、広大に広がる荒野、遥か彼方にみえる月の表面、長く放置されたからっぽの家、持ち主の帰りを待つこともなくただ置いていかれた家...それらがひとつになったものなのです」と、さわは語ります。

本展覧会の連動企画である、東京オペラシティ アートギャラリーでの個展では、2014年の最新作《Envelop》やスコットランドで撮影されたドーム型のスクリーンを用いた2013年の《Lenticular》も展示されておりますので、ぜひ併せて足を運んでいただければ幸いです。

* オープニング・パーティはございません。

連動企画情報
「さわひらき Under the Box, Beyond the Bounds」
東京オペラシティアートギャラリー
2014 年1 月18 日(土) - 3 月30 日(日)
tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
https://www.operacity.jp/ag/

展覧会詳細

展覧会名 : さわ ひらき

会場 : オオタファインアーツ

出展作家

Hiraki Sawa "O" (2009) three-channel video, ten-channel video, colour and b+w, five-channel sound, sound by Dale Berning and Organ Octet, 8'00"