artist

草間彌生「YAYOI KUSAMA: Life is the Heart of a Rainbow」シンガポール美術館、シンガポール

2017.07.14

草間彌生は世界で最も影響力のあるアーティストのうちの一人であり、20世紀から21世紀のアートの動向において極めて重要な役割を担ってきました。

『YAYOI KUSAMA: Life is the Heart of a Rainbow』は、東南アジアで草間の作品を大規模に回顧する初めての機会であり、彼女の実践の収縮と拡張という心臓のような性質にフォーカスしたものとなります。

今展は、シンガポール美術館のRussell StorerとAdele Tanのキュレーションにより、50年代から現在に至るまでの絵画、彫刻、ヴィデオ、インスタレーションなどの未発表作品を含む作品群を通して、創造的なイメージの発見へと観客を誘います。
ぜひとも彼女の『インフィニティ・ミラールーム』へと足を踏み入れ、複雑なネット、水玉、かぼちゃといったモチーフの発展を探り、美術の境界線を広げ続ける新作絵画に出会ってください。

今展は、草間という国際的に影響力のあるアーティストに対するシンガポール美術館の研究をさらに押し広げるものです。また、草間の作品がいかに国境を越えて共鳴を呼んでいるか、いかに社会的にも個人的にも他が追随できぬほどのインパクトをアート界に与えているか考察するものにもなるでしょう。

関連作家

Yayoi Kusama, Life is the Heart of a Rainbow, 2017, Acrylic on canvas, 194 cm x 194 cm
© Yayoi Kusama, Courtesy of Ota Fine Arts, Tokyo/Singapore, Victoria Miro, London, David Zwirner, New York