ブブ・ド・ラ・マドレーヌBubu de la MadeleineBubu de la Madeleine
展覧会風景:ブブ・ド・ラ・マドレーヌ「人魚の領土」オオタファインアーツ Exhibition view: Bubu de la Madeleine "Territory of Mermaid" Ota Fine Arts
人魚の領土-『上陸及び最初の調査』編
ブブは1961年大阪に生まれ京都市立芸術大学構想設計科を卒業。
1992年にダム・タイプでの活動を開始、同時期にエイズ・ポスター・プロジェクトの設立にも参加しました。「S/N」終了後にダム・タイプでの活動は休止し、その後エイズアクティビスト及びセックス・ワーカーとしての活動を続け現在に至ります。
そんな彼女の今回の展覧会は、人魚にまつわるお話。

「実は、その土地は一匹の人魚の体の表面なのでした。横たわった人魚の体の上に、森や畑や河や沙漠が、そして村や街があるのでした。 最初、彼女は海からある陸地に上陸したのですが、気がつくと自分がその土地そのものになっていたのです。その地上では、様々な生き物が、繁殖、棲息、侵略、占領、開拓、開発などをくり返していました。
人魚の所有するところのはずであるその地域は、はたして人魚自身に調査可能なのでしょうか?」
     
ブブ・ド・ラ・マドレーヌがフランスLa Rochelleの海岸で撮影した映像作品とドローイングで構成される展覧会です。
Bubu de la Madeleine is the ex-member of Dumb Type from Kyoto. Bubu is practicing sex worker and actually a prostitute.
She is an activist, busy with an international schedule of AIDS and sex worker conferences worldwide, promoting sex worker rights, and developing an international sex worker network.

The theme of this exhibition is "Territory of
Mermaid".

The land is the surface of the body of a mermaid. On the body of the mermaid, there are woods, a field, a liver, the desert, and a village and a town. Although she landed from the sea at first, when noticed, he had become the land itself. On the land, various living things breed, habit, invade, exploit and develop. Is the investigation to the Territory of mermaid possible for the mermaid?

This exhibition consists of an image work in which Bubu carries out performance as a mermaid, and drawings and photographs.

展覧会詳細Exhibition Information

展覧会名 : 人魚の領土

会期 : 2004年9月4日 - 10月2日

会場 : オオタファインアーツ
Title : Territory of Mermaid

Exhibition Period : 4 September - 2 October, 2004

Venue : OTA FINE ARTS