2011年9月10日(土) - 10月15日(土)Sat. 10 September - Sat. 15 October, 2011 Sat. 10 September - Sat. 15 October, 2011

六本木モスクROPPONGI MOSQUEROPPONGI MOSQUE

半田真規Masanori HandaMasanori Handa
展覧会風景:「半田真規−六本木モスク」オオタファインアーツ Exhibition view: "Masanori Handa - ROPPONGI MOSQUE" Ota Fine Arts
半田真規は出会った風景や物事を契機として、そこに自らの感覚を開き、時に支離滅裂で流動的な世界を作品化します。本展では、半田がかつて海老名あるいは代々木上原のモスクで見た<150面体>を、欧州で探し、アンダルシアでそのシルエットを集め、六本木で再構築を試み、天井高ぎりぎりの高さの構造物を中心とした回廊的インスタレーションを展開します。

今回の展示の中心要素<150面体>は、イスラム教徒にもあまり広くは認知されていないイスラム教のシンボルのひとつであり、通常、各面にアッラーの99の美名が書かれます。世界各地に数多あるイスラム圏の都市、そこで日々繰り返される信仰と日常の営みを、半田は「言い表せない大きな枠と幾重にも重なるレイヤー」と感じ、さらに「どんなものも表面の表面までは説明できない、物事や宇宙は人の気を知らない。」と語ります。イスラム世界にとどまらない地球儀的世界図としての<150面体>を、直径、高さともに3m程度の真鍮とガラスで構成、バターミルクで彩色し、これに付随した真鍮やタイルで構成した作品とあわせて「六本木モスク」と題したインスタレーションとして提示します。

半田真規は1979年神奈川県生まれ。2003年に東京藝術大学美術学部を卒業。2006年越後妻有トリエンナーレでの孟宗竹で作った巨大ブランコを複数設置した作品「ブランコはブランコでなく」や、2007年水戸芸術館でのマイクロポップの時代展での「世界境地博覧会」、2010年の建築外壁材でギャラリーの内壁を覆いつくした「スタディー」など、屋内外に圧倒的なボリュームのインスタレーション作品を展開。2008年からの一年間は『ロレックス メントー&プロトジェ アートプログラム』でレベッカ・ホルンと一年間スタジオを共有し、師と生徒としてベルリンを拠点に活動、これに続き2010年からは文化庁の助成を受けドイツを拠点としてヨーロッパでのフィールドワーク作を継続しています。

また、本展と関連した新作インスタレーションを10月4日より国立国際美術館にて開催されます「世界制作の方法」に出品いたします。こちらもあわせてご覧ください。
Taking sceneries or incidents that the artist encounters as momentum, Masanori Handa opens his senses and visualizes the fluid and sometime-utterly incoherent world. In this exhibition, Handa rebuilds the"150 hedron" which he found at the mosque in Ebina in the past. The artist explored this silhouette in Europe and collected the materials in Andalusia. The ceiling-high structure appears in the centre of corridor-styled installation.
"150 hedron", which is the main work of this exhibition, is a kind of symbolic object in Islam that is under recognized even by Muslims. It usually has 99 dignified names on each faces. He describes about a number of cities inter-dispersed within the Islamic region and their cycle of daily life in Islamic faith as "indescribable large framework of many layers" and "nothing can ever be fully explained including incidents within this universe or understood by human beings". The artist builds up this "150 hedron" here as a globe, a world map which goes beyond the Islamic world. Along with several other objects, the artist entitles the installation "ROPPONGI MOSQUE" which is consisted of brass structure, tiles and glass colored with butter milk.

Born in Kanagawa in 1979, the artist completed a BA in Fine Arts at the Tokyo University of the Arts in 2003. He has been participated in various exhibitions including Echigo-Tsumari Triennale in 2006 and the "The Age of Micropop" at Art Tower Mito in 2007. "Study", shown within the installation work covering the entire interior wall surface of the gallery using with architectural siding board, was exhibited in 2010. These were other examples of the artist's installations of massive scale and volume.
In 2008, he shared the studio in Berlin with Rebecca Horn for just under a year as part of "The Rolex Mentor and Protégé Art Programme". In 2010, he received a grant from the Agency for Cultural Affairs. He has been based in Germany since that time.
His related new installation work will be exhibited in the group exhibition, "Ways of Worldmaking" at the National Museum of Art, Osaka from 4th October.

展覧会詳細Exhibition Information

展覧会名 : 半田真規 「六本木モスク」

会期 : 2011年9月10日(土) - 10月15日(土)
11:00-19:00 / 日・月・祝 休廊

会場 : オオタファインアーツ
Title : Masanori Handa "ROPPONGI MOSQUE"

Exhibition Period : Sat. 10 September - Sat. 15 October, 2011
11:00-19:00 *closed on Mon., Sun., Holidays

Venue : OTA FINE ARTS

出展作家Artists