2014年2月12日(水) - 4月26日(土)Wed. 12 February - Sat. 26 April, 2014Wed. 12 February - Sat. 26 April, 2014

さわ ひらきHIRAKI SAWAHIRAKI SAWA

さわ ひらきHiraki SawaHiraki Sawa
Hiraki Sawa "O" (2009) three-channel video, ten-channel video, colour and b+w, five-channel sound, sound by Dale Berning and Organ Octet, 8'00" Hiraki Sawa "O" (2009) three-channel video, ten-channel video, colour and b+w, five-channel sound, sound by Dale Berning and Organ Octet, 8'00"
3月30日まで開催中の東京オペラシティアートギャラリーでの個展にあわせ、オオタファインアーツでもさわひらきの展覧会を開催致します。

さわひらきは1977年金沢に生まれ、高校卒業後イギリスに拠点を移したのち、2002年に室内を行き交う飛行機のシングル・チャンネル《dwelling》で鮮烈なデビューを飾りました。そうした「新進作家」としての活動から「ミドル・キャリア」とよばれる時期に達した近年では、スコットランドのダンディー・アート・センターと東京オペラシティ・アート・ギャラリーで大規模な個展を開催いたしました。その連動企画として、オオタファインアーツでの本展では、2009年の作品《O》をこれまでとは違ったバージョンで展示いたします。《O》は2009年にブリスベンのクイーンズランド・アート・ギャラリー(QAG)|ギャラリー・オブ・モダン・アート(GOMA)で開催された第6回アジア・パシフィック・トリエンナーレ(APT6)に出展され、その後は現地の所蔵作品になりました。作中に現れる大自然の風景は、作家が一か月間にわたってオーストラリアにて滞在、撮影した実際の映像です。

十数年のキャリアのなかで、さわが関心を寄せてきたのは、時間や移動、旅行や流動性、転置やディスロケーションといった概念です。日本とロンドンのあいだで長年生活を送るさわにとって、移動や流動といった要素は、きわめて身近な問題でもありました。「《O》は、際限なく回り続ける家具、広大に広がる荒野、遥か彼方にみえる月の表面、長く放置されたからっぽの家、持ち主の帰りを待つこともなくただ置いていかれた家...それらがひとつになったものなのです」と、さわは語ります。

本展覧会の連動企画である、東京オペラシティ アートギャラリーでの個展では、2014年の最新作《Envelop》やスコットランドで撮影されたドーム型のスクリーンを用いた2013年の《Lenticular》も展示されておりますので、ぜひ併せて足を運んでいただければ幸いです。

* オープニング・パーティはございません。

連動企画情報
「さわひらき Under the Box, Beyond the Bounds」
東京オペラシティアートギャラリー
2014 年1 月18 日(土) - 3 月30 日(日)
tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
https://www.operacity.jp/ag/
Ota Fine Arts is pleased to hold the exhibition of Hiraki Sawa, linking to his current solo exhibition at Tokyo Opera City Gallery.

Hiraki Sawa was born in Kanazawa in 1977. After graduating from high school, he moved his base to the UK and in 2002 he made an impressive debut with a single channel work, "dwelling" which displayed numerous model airplanes flying around the room. In recent years, he started to be called 'mid-career' instead of 'emerging artist' and he held extensive solo exhibitions at Dundee Arts Centre, Scotland and at Tokyo Opera City Art Gallery. Linking to these exhibitions, Ota Fine Arts display Sawa's work "O" (2009) in a different version. In 2009, "O" has been exhibited in the 6th Asia Pacific Triennial at Queensland Art Gallery and Gallery of Modern Art (QAGOMA) in Brisbane and became their collection. Sawa spend a month in Australia to shoot the nature landscape which appears in the work.

Over ten years of his career, Sawa has been showing his interests in the concepts of time and motion, travel and mobility, displacement and dislocation. Having lived in London and Japan over many years, the concepts of travel and mobility formed very familiar issue for his work. For example, his earlier works often showed indoor scenes as 'inside of the house' and as contrast, they showed moon, trees and nature scenes as 'outside of the house'. Hiraki Sawa transformed these boundaries into the journey between actual and imagined worlds. He says, '"O" brings together domestic objects spinning endlessly; the vast expanse of a desert landscape; the distant fields of the moon's surface; the empty interiors of a house long abandoned, a home not waiting for its absent owner's return but simply left alone to be...'

In association with our current show, Hiraki Sawa's solo exhibition at Tokyo Opera City Art Gallery shows; his latest work "Envelop" (2014) and "Lenticular" (2013) which was filmed in Scotland and projected onto a dome-shaped screen. This show will be until Sun. 30 March, 2014.

* Opening reception will NOT take place.

Simultaneous exhibition
"Hiraki Sawa: Under the Box, Beyond the Bounds"
Tokyo Opera City Art Gallery
Sat. 18 January - Sun. 30 March, 2014
tel. 03-5777-8600
https://www.operacity.jp/en/ag/index.php

展覧会詳細Exhibition Information

展覧会名 : さわ ひらき

会場 : オオタファインアーツ
Title : Hiraki Sawa

Venue : OTA FINE ARTS

出展作家Artists