2014年9月2日(火) - 10月18日(土)Tue. 2 September - Sat. 18 October, 2014Tue. 2 September - Sat. 18 October, 2014

インクアートInk ArtInk Art

Tsang Tsou Choi (King of Kowloon) Calligraphy 2001, ink on paper, 119 x 200cm Tsang Tsou Choi (King of Kowloon) Calligraphy 2001, ink on paper, 119 x 200cm
書といえば、日本では独自の価値観に支えられた書道教室や書道展覧会を連想しますが、その背景には明治時代の西洋近代化のなかで「書は芸術ならず」として美術の概念や制度から排除された背景があります。書の軽視は西洋の美術概念によって矯正された眼を通じて、国粋主義による日本美術成立をめざしたためであり、これに対して中国では20世紀を通じてアーティストたちによってめまぐるしい書の近代化が達成されました。本展ではそうしたインクアートというコンテンポラリー・アートにおける一つのジャンルをご紹介致します。
墨の文化は仏教、儒教、庭園などアジアに根ざす慣習や価値観の結晶、または複雑に周辺地域の歴史と関係するグローバルな文化、視覚的な共通言語として見なせます。とくに文字は、古代からの視覚芸術のなかでも絶対的な権威を持ちました。ツァン・ザオツァイ(曾灶財、1921-2007)は、そうした視覚文化としての文字を復興させようとした芸術家の一人です。英名キング・オブ・カオルーン「九龍皇帝」と呼ばれ、香港の九龍地区の野外およそ55,000カ所に自らの家譜を書き記したグラフィティ書家です。
またツァイ・グオチャン(蔡國強、1957-)の《Nontransparent Monument》で採用されているのは、石碑に刻まれた文字や形象をこすり取って写す拓本の手法です。巻物にできる拓本は石碑本体に比べて持ち運びが簡単であるため、公的な場所における文字を保存し伝播させる役割を持ち、韓国やベトナム、日本といった東アジア全域にわたるネットワークを支えました。

文字、拓本といった文化を継承し開花させた文人たちは、インクアートの孵卵器である書斎において、紙や筆、墨や硯といった文房四宝や机周りの小物を愛しました。なかでも代表的なコレクションとして太湖石(たいこせき)や灵璧石(りんびせき)といった奇石が挙げられます。奇石は「立体の水墨画」とも呼ばれました。今回展示されるジャン・ワン(展望、1962-)の《Artificial Rock No.95》は、そうした石の文化における人工物と自然物の境界や、オリジナルと摸倣物の関係についての再考を促します。
In Japan, Ink is associated with ink schools and ink exhibitions which are supported by a unique aesthetic value. The background of it is that ink was excluded from art in the process of modernization in Japan. It is called the "Japanese Calligraphy is not an 'Art'" movement. However, this disregard for ink in Japan is because of the eye which was controlled by an idea of Western art. On the other hand, in China artists have achieved to modernize ink art through the 21st century. The aim of this exhibition is to introduce ink art as a new genre of contemporary art.
The ink culture is based on Buddhism, Confucianism and the philosophy of gardening, and it can be considered as a symbol of Asian culture and ideas. It is not a culture of nationalistic ideology of mainland China but rather a global culture complexly related with histories in neighboring countries, so-called a visual common language in Asia. For example, Tsang Tsou Choi, a Hong Kong calligraphy graffiti artist (1921-2007) is one of the artists who revived the letter as a visual culture. He was called "King of Kowloon" and has written his family trees in about 55,000 outdoor sights.
Furthermore, in "Nontransparent Monument" by Cai Guo-Qiang (1957- ), the ink rubbing is used to make copies of inscriptions of textual stone surfaces. As the copied rubbing roll is more convenient to hand-carry than the original stone inscription, it played a role of preserving and spreading the letters to the public of Eastern-Asia network as Korea, Vietnam and Japan. This culture of letters was supported by "Literati", Chinese thinkers who have existed from ancient era. Literati loved the Four Treasures of the Study such as brush, ink, paper and ink stone and small objects around their desks in their studies. Especially they loved Scholar's rocks as Taihu stone and Lombi stone which was called 'three dimensional ink painting'. "Artificial Rock No 96" by Zhan Wang (1962- ) is challenging us to re-think about the boundary between artificial and nature, or original and imitation, in Asian stone culture.

展覧会詳細Exhibition Information

展覧会名 : インクアート

会期 : 2014年9月2日(火) - 10月18日(土)
11:00-19:00 / 日・月・祝 休廊

会場 : オオタファインアーツ
Title : Ink Art

Exhibition Period : Tue, 2 September - Sat. 18 October, 2014
11:00-19:00 *closed on Mon., Sun., Holidays

Venue : OTA FINE ARTS

出展作家Artists

  • ツァン・ザオツァイ(キング・オブ・カオルーン)
  • ツァイ・グォチャン
  • ワン・ドンリン
  • グ・ウェンダ
  • スン・シュン
  • ザン・ワン