2018年5月15日(火) - 6月30日(土)Tue. 15 May - Sat. 30 JuneTue. 15 May - Sat. 30 June

Be there Be thereBe there

アキラ・ザ・ハスラー、キリ・ダレナ、嶋田美子、竹川宣彰、照屋勇賢Akira the Hustler, Kiri Dalena, Yoshiko Shimada, Nobuaki Takekawa, Yuken TeruyaAkira the Hustler, Kiri Dalena, Yoshiko Shimada, Nobuaki Takekawa, Yuken Teruya
アキラ・ザ・ハスラー Tools of Hope: Zero Tolerance for Intolerance 2018年 キャンバスにアクリル 221 x 158 cm Tools of Hope: Don’t Tell Lies 2018年 キャンバスにアクリル 222 x 159 cm Akira the Hustler Tools of Hope: Zero Tolerance for Intolerance 2018 Acrylic on canvas 221 x 158 cm Tools of Hope: Don’t Tell Lies 2018 Acrylic on canvas 222 x 159 cm
このたびオオタファインアーツでは、社会的なメッセージを内包する作品によるグループ展を開催いたします。

1968年の世界革命以降、体制に対する異議申し立ては美術作家にも大きな影響を与えましたが、50年の時を経た現在でも政治的、社会的な問題に対する批判や抗議の意が強く反映される作品は多く見られます。今展覧会では作風やバックグラウンドの異なる作家5人が自分たちの身近にある問題を取り上げ、"そこに問題が存在する"ということを訴えます。

作家が持つ問題意識は多様ですが、キリ・ダレナはフィリピンの政治運動、照屋勇賢は出身地である沖縄が抱える地政学的な問題、アキラ・ザ・ハスラーはマイノリティに対する差別、嶋田美子は慰安婦問題をないもののように扱おうとする日本社会、竹川宣彰は今ここにある日本の政治に対する自身の問題意識をそれぞれ作品の中で取り上げることによって問題を可視化させます。その表現方法も、嶋田のように作品を言語化することで対象に直接的に切り込んでいたり、照屋のように作家個人にとって密接な問題に対し人々の関心を促したりと様々です。

広く知られた現代アートと政治というトピックだけでなく、今展覧会は、同時代の作家を取り巻くジェンダー、差別、日常生活などについて考える装置としての作品の意義を再考させるものとなるでしょう。

展覧会詳細Exhibition Information

展覧会名 : Be there

会期 : 2018年05月15日(火) - 6月30日(土)
11:00-19:00 / 日・月・祝 休廊

会場 : オオタファインアーツ
Title : Be there

Exhibition Period : Tue, 15 May - Sat. 30 June, 2018
11:00-19:00 *closed on Mon., Sun., Holidays

Venue : OTA FINE ARTS