2020年6月16日(火)-8月1日(土)Tue. 16 June - Sat. 1 AugustTue. 16 June - Sat. 1 August

Pet Shop Guys: Lost in TokyoPet Shop Guys: Lost in TokyoPet Shop Guys: Lost in Tokyo

チルチル、パパペピア、ヨアダChillChill, PAPAPEPIA, ¥ouadaChillChill, PAPAPEPIA, ¥ouada
チルチル、パパペピア、ヨアダ 「Pet Shop Guys: Lost in Tokyo」 オオタファインアーツ  (動画撮影・編集:鐘ヶ江歓一) ChillChill, PAPAPEPIA, Youda, "Pet Shop Guys: Lost in Tokyo", Ota Fine Arts Tokyo, 2020   (Filming by Kanichi Kanegae)
オオタファインアーツでは、マーティン・ゴヤ・ビジネス(MGB)企画による3人展「Pet Shop Guys: Lost in Tokyo」を開催します。MGBは2017年中国の杭州にて映像作家チェン・ランが設立した作家グループで、劇作家からタトゥーアーティストまでを幅広く取り込み、予測不可能な表現で人々を魅了してきました。本展では、MGBメンバーのチルチル(1990年生れ)、パパペピア(1987年生れ)、ヨアダ(1987年生れ)の3名が自作を出展いたします。80後(バーリンホウ)世代や90後(ジウリンホウ)世代と呼ばれる彼らの表現方法は絵画、立体彫刻、ビデオと様々ですが、技術が先導し急激に変化する中国社会の空気、そして違和感を伴い移入された資本主義や外国文化に影響を受けた作品は、これまでの中国アートに対する理解を大きく覆します。また、若手作家の支援活動も進める彼らの取組みは、社会のなかでアーティスト主体のエコシステムを模索する動向だと注視されています。

杭州ベースの作家ヨアダは、幼少期に見たアニメやゲームのキャラクター、風景などをモチーフに、アクリルとスプレーを用いてグラフィティのようなタッチで作品を描きます。ユーモラスに、また時に暴力的にゆがめられたキャラクターのイメージは、似通った画像があふれ返る現代社会、大衆文化をただ単に受容するのではなく、批判的に見返す彼自身のひとつの態度と言えるでしょう。

上海で活動するチルチルは、CGを多用したビデオ作品を通じて、現実世界でもゲームの世界でもない、新しい世界観を生み出します。チルチルの作品ははっきりとしたナラティブをあえて取り込まず、ループを繰り返すビデオゲームの形式を用いて、シェア・エコノミーや新植民地主義といった現代社会に直結する主題を洗い出します。

もうひとり、杭州で活動するパパペピアは、人間や動物が発する「あ」という音に無限の宇宙を見出します。彼の平面作品は単細胞生物が繁殖を繰り返していく過程を思わせ、またPVCを用いた立体作品は透き通った皮膚を持つ微生物を感じさせます。

伝統ある杭州に生まれた新しい表現活動をどうぞご覧ください。
Ota Fine Arts Tokyo is pleased to present a group exhibition, Pet Shop Guys: Lost in Tokyo, curated by Martin Goya Business (MGB). MGB is an artist collective founded by video artist Cheng Ran in Hangzhou, China, in 2017. They have collaborated with a wide range of artists from play writers to tattoo artists, and presented unprecedented art expressions on different occasions. This exhibition features 3 artists from MGB: ChillChill (b.1990), PAPAPEPIA (b.1987) and ¥ouada (b.1987). They belong to the generation called Bā Líng Hòu (post-80s), and Jiǔ Líng Hòu (post-90s) in China, who grew up experiencing technology-led rapid development of society and the two-edged inflow of capitalism and foreign culture. Their art practice presents a new way to look at contemporary Chinese art. Also, they function as a platform to support young artists, contributing to a new artist-led ecosystem in Chinese society. Come and enjoy a new form of expression from the city of Hangzhou!

展覧会詳細Exhibition Information

展覧会名 : [ペット・ショップ・ガイズ: ロスト・イン・トーキョー]

会期 : 2020年6月16日(火) - 8月1日(土)
12:00-18:00 / 日・月・祝 休廊

会場 : オオタファインアーツ東京

[ 完全予約制 ]
ご来廊希望日の前日18:00までに、info@otafinearts.com 宛にメールで以下をご連絡ください。
・ご来廊希望日時 
・お名前 
・人数(5名まで) 
・メールアドレス
・携帯番号


Title : [Pet Shop Guys: Lost in Tokyo]

Exhibition Period : Tue, 16 June - Sat. 1 August, 2020
12:00-18:00 *closed on Mon., Sun., Holidays

Venue : OTA FINE ARTS Tokyo

Due to the COVID-19 situation, Ota Fine Arts Tokyo will be opened by appointment only.
To visit us, make an appointment by sending an email to info@otafinearts.com, by 6pm one day in advance of your visit.
In your mail, please indicate:
- Preferred date and time for your visit
- Name
- Number of visitors (up to 5 people)
- Email address
- Mobile phone number