アキラ・ザ・ハスラーAkira the HustlerAkira the Hustler

Akira the Hustler

Akira the Hustler

アキラ・ザ・ハスラーは1969年、東京都生まれ。1995年、京都市立芸術大学大学院絵画研究科卒業。学生時代からAPP(エイズ・ポスター・プロジェクト)の活動などを通してアクティビストとしても活動。その後もエイズ、セクシャリティ、原発、人種差別等、様々な社会問題をテーマに作品を制作。近年の展覧会に「STREET JUSTICE: Art, Sound and Power」Galaxy銀河系、東京(2018年)、「リボーンアート・フェスティバル2017」石巻市、宮城(2017年)、「ラヴズ・ボディー-生と性を巡る表現」東京都写真美術館、東京(2010年)など。主な収蔵先にCollection Lambert、ワタリウム美術館など。 Akira the Hustler was born in Tokyo in 1969. He launched the "Living Together Project" to bring awareness to the HIV affected community and other minority groups in 2004. His recent exhibitions include "STREET JUSTICE: Art, Sound and Power", Galaxy - Gingakei, Tokyo (2018), "Reborn Art Festival 2017", Ishinomaki (2017), "Love's Body-art in the age of AIDS", Tokyo metropolitan museum of Photography, Tokyo (2010). Public collections include Collection Lambert, France and The Watari Museum of Contemporary Art, Japan. Akira the Hustler(アキラ・ザ・ハスラー),1969年生于东京。1995年毕业于京都市立艺术大学大学院绘画系。Akira the Hustler自学生时期开始参与APP(AIDS Poster Project)运动,同时也是位社会运动家。其后艺术家持续以爱滋、性、核能、人种歧视等,多样的社会议题作为创作题材。近年的展览包括,“STREET JUSTICE: Art, Sound and Power” Galaxy银河系,东京(2018)、“Reborn-Art Festival 2017” 石巻市,宫城(2017)、“Love’s body – art in the age of AIDS” 东京都写真美术馆,东京(2010)。其作品主要收藏于Collection Lambert、Watari美术馆。