アイ・チョー・クリスティンAy Tjoe Christine艾珠・克里丝汀

Ay Tjoe Christine

Ay Tjoe Christine

アイ・チョー・クリスティン
Study of One August Doll
2010-11
キャンバスに油彩
150 x 125 cm
Christine Ay Tjoe
Study of One August Doll
2010-11
oil on canvas
150 x 125 cm
Christine Ay Tjoe
Study of One August Doll
2010-11
oil on canvas
150 x 125 cm
アイ・チョー・クリスティンは、版画技法のドライポイント技法やオイルバーを使ったペインティング、また彫刻やインスタレーション、サウンドアートなど、広範なメディアを使って多彩な表現をします。インドネシアの美術史の範囲で言えば、彼女は多元的で多様な芸術様式・コンセプトを発展させてきたポスト革新世代のひとりといえます。

アイ・チョーは、ドライポイント技法でつくり上げる版画作品が自身にとってはドローイングにあたると述べています。また、ドライポイント技法では針で金属板に直接印刻していきます。彼女にとって、この針はドローイングにおける鉛筆であり、金属板は紙と同様だといいます。版画作品が下絵だとするならば、彼女はこうした版画制作におけるネガとポジの空間配分のバランス感覚を根源に維持したまま、そこからさらに発展して、オイルバーを使った絵画作品を作り上げていくのです。
アイ・チョーのペインティングは、人間の本質的な感情部分をえぐりだしていきます。絵画面に視覚的に表象されるイメージはあくまで抽象的であり、その飛び散るような色彩の断片から、鑑賞者は憂うつ、もがき、痛み、あるいは逆に幸福感といった、人間感情の原理的な要素を感じ取ることができるでしょう。彼女の作品は、どこかインドネシアに根付く宗教文化や精神性を感じさせ、また彼女にとって私的なカタルシス効果を持っているように見受けられる一方で、同時に人類の感性の底にある普遍的なイメージが幾層にも「ペースト」されているのです。
また、そのようにして絵画で抽象的に表される感情は、彼女の過去のインスタレーションにおいては、もう少し具体的なものとして現れます。ギロチンや拘束具など、どこか苦しみ縛られる身体を通して飛び散る感情が、彼女のインスタレーションでは、曖昧に混ざり合いながらも表現されているのです。
こうした不確かで不定形な側面を強く持つアイ・チョーの作品は、論理という固定した型で捉えようとするとき、するすると抜け出ていってしまうような感覚を鑑賞者に与えます。それは近年の彼女の絵画に見られる、魚や昆虫などの生物のモチーフが、一見、無邪気な子供のようにダイナミックに動き回っているような印象を持っていることにつながっているのかもしれません。そうしたどこかキッチュな表象の中に、政治的に表明される段階以前の、人間の根本的な感情がうごめいています。そうした彼女の飛散する表現を通して、私達は精神の深い部分で、人間的なコミュニケーションの本質的なあり方を発見することになるでしょう。

アイ・チョー・クリスティンは、1973年インドネシア・バンドゥン生まれ。バンドゥン工科大学美術学部を卒業し、テキスタイルデザイナーとして働いたのち、2000年代にアーティストとしてのキャリアをスタートします。近年の展覧会に「Christine Ay Tjoe : Perfect Imperfection」SongEun Art Spaceソウル(2015年)、「The Famous One from Lucas」Third Floor - Hermès、シンガポール(2011年)「The Asia Pacific Breweries Foundation Signature Art Prize 2011 Finalists Exhibition」シンガポール・アート・ミュージアム(2012年)、「Future Pass」国立台湾美術館(2012年)など。

Ay Tjoe Christine (born in 1973 in Bandung, where she continues to live and work) is one of the most acclaimed artists in Indonesia and known for her intricate layered paintings and thought-provoking installations. While studying Printmaking and Graphic Art at the Bandung Institute of Technology, Ay Tjoe started her career as a graphic artist, experimented with dry-point technique. Later on, she transitioned from dry point on paper to painting with oil bar on canvas, without losing a prevalent principal in dry point technique - the balance in positive and negative space.

Her paintings are full of colourful shapes and strong strokes, giving a sense of distortion and disorder. She is largely intrigued by human emotions and hence in her work, she expresses inner feelings such as melancholy, struggle, pain and happiness. These feelings are a large part of our human nature and her interests have revolved around the extensive issues of personal human life.Often, only fragments of her subject matter manifest visually, allowing for a strong sense of abstraction.

Ay Tjoe's works have been widely exhibited at museums across the world including: solo shows at SongEun Art Space, Soul (2015), Third Floor - Hermès, Singapore (2011), and groups shows at Singapore Art Museum (2012), National Taiwan Museum of Fine Arts (2012).
艾珠·克里丝汀在她起初的艺术家生涯中主要使用蚀刻版画技术,在2009年, 她开始尝试使用固体油画颜料并持续探索至今日。固体油画颜料这一材质使她可以创造出富有表现力的和动态的线条,同时在每幅作品上保持其“线条的语言”。
艾珠的画作中层层堆叠的醒目动态条纹虽属自发性,却应用精准。颜色缤纷的形状和着色铺在画布之上,这是艺术家先将颜料涂在画布上后来回摩擦后显露出下一层,或是颜料被刮除后显出底层的结果。这样重复的过程累积之后,往往模糊了具象风格与抽象表现之间的界线。
动物和人类身体的部分常常散布在画布上,他们在画布上的共存与艾珠的信仰产生共鸣,即每个人都有着双面性:内心的动物本能,与外在作为人的克己复礼。邪恶与善良,脆弱与坚强,她或通过想象性叙事或表述她在生活中所经历的内在情感:痛苦、挣扎、幸福、愤怒、悲伤等,毫不畏惧的探索着人类生活中的二元性,经过她巧妙地揭示,观众一层一层地瞥见她的个人和社交生活,生命中的里程碑,政治动荡与不公正和她所经历的宗教之旅。

艾珠·克里丝汀1973年出生于印度尼西亚万隆,现在印度尼西亚万隆生活和工作。1997年毕业于印度尼西亚万隆的艺术与设计学院(FSRDITB)平面设计系。艾珠的个展包括“艾珠·克里丝汀: 灵性与寓言”金泽21世纪美术馆(2018)、“艾珠·克里丝汀”白立方画廊,伦敦(2016)、“艾珠·克里丝汀:完美瑕疵”SongEun艺术空间,首尔(2015)、“无数的‘粘贴’”大田秀则画廊,东京(2013)等。同时参加过多次群展包括:“保诚当代艺术奖”艺术科学博物馆,新加坡(2015)、 “亚洲酿造厂基金会艺术奖 2011年决赛展览”新加坡美术馆(2012),“未来通行”国立台湾美术馆(2012)、与“印度尼西亚之眼: 幻想与现实”萨奇画廊,伦敦(2011)等。艾珠的作品同时被亚洲协会,新加坡美术馆,印尼雅加达现当代艺术博物馆和Akili美术馆等馆藏。