クリス・ヒュン・シンカンChris Huen Sin-Kan禤善勤

Chris Huen Sin-Kan

Chris Huen Sin-Kan

クリス・ヒュン・シンカン Doodood, Balltsz, Muimui and Joel 2018年 キャンバスに油彩 200 x 320cmChris Huen Sin-Kan Doodood, Balltsz, Muimui and Joel 2018 Oil on canvas 200 x 320cmChris Huen Sin-Kan Doodood, Balltsz, Muimui and Joel 2018 Oil on canvas 200 x 320cm
クリス・ヒュン・シンカンは、自身の家族や身の回りの風景をおもに描いたペイティングを制作することで、「見る」という行為を通して人はどのように物事を理解するのかに焦点を当ててきました。彼の技法は、水墨画の影響から抑えられた筆使いでモチーフを描くことに特徴づけられます。記憶を頼りに描かれたモチーフはどこかおぼろげですが、そこには独特の時間と空間の捉え方が見て取れます。ヒュンの作品には「認識する」ということが時間と空間を経て変化していくことが示唆されており、キャンバスに残された白い余白は忘れられた記憶を表現していると言えるでしょう。彼の作品に見られる立体感のねじれや異なる濃淡で表される光のコントラストは、一日の移ろいを複眼的に描写しているかのようで見る者を強く惹きつけます。

クリス・ヒュン・シンカン(禤善勤)は、1991年香港生まれ。近年の展覧会に、「陽のあたる日常」オオタファインアーツ、東京(2019年)、「Chris Huen Sin Kan」Simon Lee Gallery、ニューヨーク(2018年)、「Out of The Ordinary」Gallery EXIT、香港(2015年)、「Absolute Collection Guideline」四方当代美術館、南京(2015年)など。主な所蔵先に、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、カディスト・アート・ファウンデーション(パリ・サンフランシスコ)、四方当代美術館(南京)など。
Chris Huen Sin-Kan focuses on how people understand objects through 'seeing', with his paintings which mainly depict his family and everyday environments. With limited brushstrokes, Huen illustrates his subjects remarkably - a technique he developed from the influence of Chinese ink painting. Although the viewer is able to recognize the motifs in Huen's paintings, there is a certain vagueness to it. Huen paints entirely from memory and it reflects his attempt to capture time and space on the two-dimensional canvas. He suggests that the process of 'recognition' shifts through time and space, and the white space on the canvas seems to express forgotten memories. Distorted shapes and the contrasting light illustrate the transition of the day from various perspectives and captivates the viewer.

Chris Huen Sin-Kan was born in Hong Kong in 1991. His recent exhibitions include "The Illuminated Mundane", Ota Fine Arts, Tokyo (2019), "Chris Huen Sin Kan", Simon Lee Gallery, New York (2018), "Out of The Ordinary", Gallery EXIT, Hong Kong (2015), "Absolute Collection Guideline", Sifang Art Museum, Nanjing, (2015). Public collections include The Art Gallery of New South Wales (Sydney), Kadist Art Foundation (Paris / San Francisco) and Sifang Art Museum, (Nanjing).
禤善勤的绘画主要以家庭生活与周遭景物来呈现,透过“看”的行为,将焦点放置在“人类是如何去理解事物”上。 禤的技法受水墨画运笔影响,这亦是其创作具特色之处。 靠着记忆所描绘出的概念有些朦胧,然而却可看出艺术家捕捉时空间的独特手法。 禤意图通过作品刻画出我们所以为的“认知”是会随时空推移而产生变化,而封存于画布上的留白也就是呈现出被忘却的记忆。此外,其新作品中可见的立体扭曲,以及透过浓淡来表现的光影对比,宛如复眼般地将一天的瞬息万变描绘下来,令人目不转睛。

禤善勤,1991年出生于香港。近年展览如,“The Illuminated Mundane” 大田秀则画廊,东京(2019)、“Chris Huen Sin Kan” Simon Lee Gallery,纽约(2018)、“平淡亦然” 安全口画廊,香港(2015)、“绝对收藏指南” 四方当代美术馆,南京(2015)等。 其作品主要收藏于,新南威尔士艺术博物馆(悉尼)、卡蒂斯特艺术基金会(巴黎・旧金山)、四方当代美术馆(南京)等。