南 隆雄Takao Minami南隆雄

Takao Minami

Takao Minami

南 隆雄 太いかげ 2008年
シングルチャンネルHDビデオ、ステレオサウンド 16'00" continuous loop
Takao Minami FAT SHADES 2008
single channel High-Definition video, stereo 16'00" continuous loop
Takao Minami FAT SHADES 2008
single channel High-Definition video, stereo 16'00" continuous loop
南隆雄は、様々な国や地域を移動し、記録した映像と音響を利用して作品を制作している。彼は、映像と音響で構成されたインスタレーションが鑑賞者に与える体験とは何かという問いを根底にしており、彼の映像・音響はそのメディア自身が有する素材性が強調されている。例えば「Medi」(2016年)での映像特有ともいえる色や光、編集作業によって重層化された日常音に、彼の映像・音響に対する視線が顕著に現れている。また彼の映像における実践は多岐に渡り、電動ブラインドを利用し映像の光とイメージを往復するような「Puppet Study #4」(2010年)や、プロジェクターの前に回転する鏡を置き白い光をプリズムのように3原色に分けて投影する「FFFFF / 0」(2008年)等、様々な角度から映像・音響体験について探求している。

南隆雄は、1976年大阪生まれ。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)修了、現在はパリを拠点に活動。主な個展に、「コレクションサーベイ:北海道立北方民族博物館」北海道立北方民族博物館(2019年)、「南隆雄: Difference Between」オオタファインアーツ東京(2016年)、「南隆雄」オオタファインアーツシンガポール(2014年)、「Takao Minami : Motion/Movement」La Chambre Blanche、カナダ(2012年)、「クリテリオム80:南隆雄」水戸芸術館、茨城(2010年)、主なグループ展に、「Habitat」 オオタファインアーツ、シンガポール(2019年)、「ヘレン・アット・ザ・マウンテン」てつおのガレージ 栃木(2018年)、「19th DOMANI・明日展」国立新美術館、東京(2016年)。
Minami is interested in how people perceive the world through sight and hearing and in the cognitive mechanisms involved. Based on the empirical study of his surroundings, his work emphasizes the audio visual experience of the artist's immediate environment through audio and visual material, computer graphics, animation and installation work. He considers all these media and materials as part of our cognitive architecture, of our experience of the world.

Born in Osaka, Japan, in 1976, Takao Minami graduated from the faculty of new media art at the International Academy of Media Arts and Sciences in Gifu and is now based in Paris. He has held a number of significant solo exhibitions including "Collection Survey : Hokkaido Museum of Northern Peoples" Hokkaido Museum of Northern Peoples, Hokkaido (2019), "Takao Minami: Difference Between" Ota Fine Arts, Tokyo (2016), "Takao Minami" Ota Fine Arts, Singapore (2014), "Takao Minami: Motion/Movement" La Chambre Blanche, Quebec, Canada (2012), "CRITERIUM 80 Takao Minami" Gallery 9, Art Tower Mito, Mito (2010), significant group exhibitions including, "Habitat" Ota Fine Arts, Singapore (2019), "helen at the mountain" Tetsuko's Garage, Japan (2018), "19th DOMANI the Art of Tomorrow Exhibition" The National Art Center, Tokyo, Japan (2016).
南隆雄行至各国各地,用记录下的影像和声音进行创作。他的创作基于影像和声音构成的装置给观者带来的体验,因此他的作品常常强调以影像作为媒介的素材感。例如作品“Medi”(2016)中能看到的是影像特有的色彩和光,以及剪辑后多重化了的日常音,都显著反映了他对影像、声音的视角。且他在影像创作中的实践也延伸至各个方向,如“Puppet Study #4”(2010)中他利用电动百叶窗在影像的光与画面间来回折返,“FFFFF / 0”(2008)中他在投影仪前放置了旋转的镜子,好似三棱镜一般将白色的光析成三原色来投影等,从多角度实践、探求影像和声音所带来的体验。

南隆雄1976年出生于大阪。岐阜县立国际情报科学艺术研究所(IAMAS)结业,现以巴黎为中心活动。近年的个展包括“Collection Survey:北海道立北方民族博物馆”北海道立北方民族博物馆(2019)、“南隆雄:Difference Between”大田秀则画廊东京(2016)、“南隆雄”大田秀则画廊新加坡(2014)、“Takao Minami : Motion/Movement”La Chambre Blanche,加拿大(2012)、“基准 80:南隆雄(クリテリオム 80:南隆雄)”水户艺术馆,日本·茨城(2010)等。参加的群展包括,“Habitat”大田秀则画廊新加坡(2019)、“helen at the mountain”Tetsuo's Garage,日本·枥木(2018)、“19th DOMANI·明日展”国立新美术馆,东京(2016)。