タン・ディシンTang Dixin唐狄鑫

Tang Dixin

Tang Dixin

Tang Dixin Yellow Peril 2013, oil on canvas, 50 x 40cm
Tang Dixin Yellow Peril 2013, oil on canvas, 50 x 40cm
Tang Dixin Yellow Peril 2013, oil on canvas, 50 x 40cm
タン・ディシンは、上海を拠点とする現代美術家で、主に絵画とパフォーマンス作品を発表しています。タンは「80後」という、比較的リベラルな発想を持っていると言われる1980年代生まれの作家であり、彼の作品の多くが中国社会や美術業界の制度の下で抑圧されている「身体」を扱っています。
タンのパフォーマンスは、他者との関係を模索しながらも、ときとして過激なものになります。2010年の作品《Act of God(不可抗力)》は、上海万博博覧会中に地下鉄の線路に飛び込み、その身体のうえを電車がすり抜けるまでの様子をビデオ撮影したもので、このことがニュースに取り上げられるなど、現代社会の在り方に対する作家のシニカルな表現と行き過ぎた不法行為の境界についての論争を呼び起こしました。彼のパフォーマンスは、中国の監視社会における身体のあり方を、自分や他人の身体を非日常的に使用し「ずらす」ことで表現しています。そしてそれは中国国内に限らず、美術界の構造や加速するグローバリゼーションの中で表面化してきている世界的な問題にも通じるものであると言えるでしょう。
また、タンのパフォーマンスが外向きに力強く社会や他者に向かっていく一方、彼の絵画は、自分自身の内面へと潜りこんでいくような内省的で静かな印象を与えます。もともと正統な西洋美術教育を受けた彼にとって、絵画とは彼自身の現実や個人的な感情を発端としながらも、それらの持つ複雑さを和らげ、物と物の純粋な関係性に落とし込んで描くものであると言います。彼が「自らの身体が忘れてしまった私の一部分を求めている」と述べているように、タンの絵画には、自らの限界を受け入れながらも、精神的な自由と解放をキャンバス上で模索する「非力な身体」が描かれています。
タンのパフォーマンスと絵画は、「身体」を軸として、お互いを補完しながら反射し合っています。ときに他者や社会など外側に向かって、またときに自分の感情や絵画表現のあり方など自身の純粋な内面を見つめて展開される両義性を持った彼の作品は、現代の様々な問題に対するタンのまなざしを表していると言えるでしょう。

タン・ディシン(唐狄鑫)は1982年中国杭州生まれ。上海で活動中のアーティスト。上海師範大学美術学院を2005年に卒業。主な個展に、「タン・ディシン」オオタファインアーツ東京(2019年)、「Tang Dixin: Dog Bark」オオタファインアーツシンガポール(2015年)など。主なグループ展に、「Mountain Sites: Views of Laoshan」四方当代美術館、南京(2016年)、「Turning Point: Contemporary Art In China Since 2000」上海民生現代美術館、上海(2016年)、「Jing Shen - The act of painting in contemporary China」PAC Museum of Contemporary Art、イタリア・ミラノ(2015年)、「Mr. Hungry」(Asia Contemporary Art Week (ACAW)、アメリカ・ニューヨーク(2015年)、「10th Gwangju Biennale - Burning Down the House」韓国・光州(2014年)、「Revel - Celebrating MoCA's 8 Years in Shanghai」MOCA上海、上海(2013年)、「ON | OFF China's Young Artists in Concept and Practice」ユーレンス現代美術館、北京(2013年)などに参加しています。
Tang Dixin (唐狄鑫, b. 1982) is a Shanghai-based contemporary artist working mainly with painting and performance art. Tang is one of the "80-hou" artists, a Chinese term for those who were born during the 1980s and are regarded as relatively liberal. Most of his works are related to the "body" which is oppressed in the Chinese society and art world.

Tang's performance works sometimes show radical aspects while also pursuing relations with others. "Act of God" (2010), is a performance where Tang jumped off a platform in the metro station during Expo 2010 Shanghai, and a train passed across his body. He documented the entire process in a video. As this act was reported in the news, it brought about a controversial discussion regarding the thin line between the artist's cynical expression of the contemporary Chinese society and his extreme illegal act. Tang's performances express the condition of the body in a "surveillance society" by challenging the use of body of the self and others in unusual ways. This methodology is not only effective in China but also applicable to the structure of art world as well as the emerging worldwide problems in accelerating globalization.

While Tang's performances dynamically and vigorously deal with society and others, his paintings give rather calm and reflective impressions as if he dived into himself. In his opinion, as he originally received orthodox Western art education in China, the medium of painting embodies the simplest relationship between objects while reflecting the complexity caused by his own reality and emotions. As he says, "I am seeking a part of myself that my body has forgotten"; his paintings express a "powerless body" which pursues mental freedom and emancipation while it accepts its own limits.

Tang's performances and paintings reflect and complement each other through the "body" as their axis. Sometimes his works focus on the external such as the society and others, and sometimes they gaze internally as he explores the methodology of painting expression in reflecting his pure inner self and emotions. Exploring these two polarities, Tang's works reflect on various issues in our contemporary society.

唐狄鑫工作、生活于上海,他的艺术创作横跨绘画、行为、装置等多种形式,作品以其蕴含的社会讽刺意味闻名。唐狄鑫作为“80后”,思想偏向自由主义,他的许多作品都以中国社会及艺术体制下被压抑的“身体”为主题。
唐狄鑫的行为艺术不懈于探索与他人的关系,但也经常伴随过激的部分。在2010年的作品《不可抗力》中,他拍摄自己于上海万博博览会期间卧轨直至电车从身体上方驶过的片段被新闻媒体广泛报道,引起了大众对于当代社会模式下作者的讽刺性表现与非法行为界限的争议。他在行为艺术中将自己及他人的身体置于非日常语境下,通过这种“错位”来表现社会监督体系下中个人的身体存在。这个问题并不局限于中国国内,而是艺术体制以及不断加速的全球化进程中逐渐浮现出的众多世界性的问题之一。
相对于唐狄鑫外向的、强有力的面向社会与他者的行为艺术,他的绘画则是内向的、潜向自身的,给人内省、沉静的印象。对于在中国接受了正统西方美术教育的唐狄鑫而言,作为媒介的绘画既描绘了物质之间最纯粹的关系,同时也反映出他个人的现实与情感所造成的复杂性。正如他所说的“我在寻求自己的身体所遗忘的我的一部分”,从他的绘画中可以看到在接受了自己极限的同时探求精神的自由与解放的“无能为力的身体”。
唐的行为艺术与他的绘画以“身体”为轴相互补充并相互照应。时而面向社会与他人向外展开,时而纯粹地追求自身情感与绘画表现的这种两面性,表达了他对当代社会矛盾的关注思考。

唐狄鑫1982年出生于中国杭州,2005年毕业于上海师范大学美术学院油画系,现于上海工作及生活。近年个展包括,“唐狄鑫”大田秀则画廊,东京(2019)、“唐狄鑫”艾克画廊,上海(2017)、“唐狄鑫:狗吠”大田秀则画廊新加坡(2015)、“饥饿先生”艾克画廊,上海(2014)等个展。参加群展包括,“Mountain Sites: Views of Laoshan 山中美术馆”四方当代美术馆,南京(2016)、“转向:2000后中国当代艺术趋势”上海民生现代美术馆(2016)、“精神:当代中国的绘画艺术”米兰当代美术馆(2015)、“饥饿先生”Asia Contemporary Art Week (ACAW),纽约(2015)、“第10届光州双年展– Burning Down the House”韩国·光州(2014)、“陶醉-上海当代艺术馆8周年特别展”上海当代艺术馆MoCA(2013)、“ON|OFF:中国年轻艺术家的观念与实践”尤伦斯当代艺术中心,北京(2013)等。