嶋田 美子Yoshiko Shimada嶋田美子

Yoshiko Shimada

Yoshiko Shimada

嶋田 美子 焼かれるべき絵 1993年 エッチング 59.7x39.7cmYoshiko Shimada A Picture to be Burnt 1993 etching 59.7x39.7cmYoshiko Shimada A Picture to be Burnt 1993 etching 59.7x39.7cm
嶋田美子は、昭和天皇が崩御した1988年より、女性と戦争をテーマに作品を制作し始めました。男性中心に語られるこの時期における女性の機能と功罪をリサーチすることにより、従来のフェミニズムを批判的に乗り越えようと試みます。権力により組織された大日本婦人会のあり方や表象を作品中に取り込み、また韓国人慰安婦に対する日本人女性が、どのような立場をとることが可能かを検証する作品を発表します。
近年では、戦争期の女性だけではなく家庭やコミュニティ内においての存在の虚実を、フィリピン、韓国、インドネシア、タイといったアジア圏で採取するフィールドワークを行っています。「Family Secrets- bones in a Tansu」(2004年)と題された作品では、オーディエンスは、作品に忍ばせられた他人の家族にまつわる秘密を覗き見ることができます。

作家はこの相互の交通に、取捨選択という干渉をすることによって、それぞれの地位にみられる意識下のアイデンティティを視覚化させようと試みています。また、トランスナショナルならぬ、トランスセクシャルを扱ったパフォーマンス作品は未知の視座を与えてくれるものです。

嶋田美子は、1959年東京生まれ。1982年にカリフォルニア州Scripps college人文/美術学士号修了。2011年、ロンドン、キングストン大学 美術/美術史 博士課程在籍。主な展覧会に、「Felt Experience」Catalyst Arts、イギリス・ベルファースト(2007年)、近年の展覧会に「Being a Japanese Comfort Woman」street performance、Pumphouse Gallery、ロンドン(2012年)など。
When Emperor Showa passed away in 1988, Yoshiko Shimada began to create artworks about violence, war, women and Japanese history and nationalism. With her research of the roles of women in a male-centric environment, she attempts to look critically at conventional feminism. Her works address the power structures within organisations such as the Japan Women's Association, the roles and responsibilities of Japanese women, and what sorts of positions they held along with Korean "comfort women" during and after the Second World War. In addition, her performance works deal with alternative perspectives on transsexuals.

In recent years, she has collected fieldwork not only about women during the war period but also women in Asian families and communities, such as the Philippines, South Korea, Indonesia, Thailand, and so forth. In her work titled, "Family Secrets- Bones in a Tansu" (2004), the audience can discover a family's hidden secrets.

Born in 1959 in Tokyo, where she now still lives and works, Yoshiko Shimada has created a controversial but nonetheless poignant body of work on nationhood and gender. She received a BA in Fine Art from Scripps College in California in 1982, and later studied etching under Katsuro Yoshida at Bigakko, Tokyo. Her sculptures, installations and prints have travelled widely to exhibitions such as "There: Sites of Korean Diaspora" at the Gwangju Biennale (2002); "Felt Experience", Catalyst Arts, Belfast (2007); and most recently "Art, Performance & Activism in Contemporary Japan", Pumphouse Gallery, London (2012).
1988年昭和天皇驾崩后,嶋田美子开始以女性与战争为主题进行创作。她通过调查研究当下女性的机能与功过,试图批判性地跨越以往以男性视点为中心的女性主义。她的作品论述了日本妇女协会等组织内部的权力结构,日本女性的角色职责,及探讨她们在面对韩国慰安妇时的立场。
近年,她不再仅针对战争时期的女性,也走访菲律宾、韩国、印度尼西亚、泰国等亚洲国家进行取材创作,致力于探求女性在家庭单元及其他文化单元中其存在的虚实。在她的作品“Family Secrets- bones in a Tansu”(2004年)中,观众可以窥探其他家庭的秘密。
作者在此种往来中,通过主观取舍进行干涉,试图使人物社会背景下的个性视觉化。她的行为作品不但跨越国境且跨越性别,赋予观众未知的视点。

1959年出生于东京。1982年取得加利佛尼亚斯克利普斯学院人文、美术学士学位。2011年伦敦金斯顿大学美术及美术史博士课程博士研究生。主要的展览包括,“Felt Experience” Catalyst Arts画廊,贝尔法斯特(2007年)。近期参与展览包括,“Being a Japanese Comfort Woman”街头行为,Pumphouse Gallery,伦敦(2012年)等。