作家紹介

樫木 知子

Tomoko Kashiki

アーティスト一覧へ戻る

樫木知子の描くポートレートは、断片化し、美、欲望、そして夢の親密な世界の中の女性を捕える限られた空間に時折位置しています。平安仏画や松園などの近代美人画をも彷彿とさせる画風は、彼女が生まれ育った京都という町に由来するのかもしれません。

平滑なテクスチュアと流麗な描線は一見日本画と見まがうほどですが、彼女は一連の作業は極めてユニークです。層を重ね、蓄積した光景を紡ぎ、それを発酵させてはぬぐい消し、サンダーをかけては再度キャンバスに絵を描くのです。このプロセスを通して、彼女のペインティングへの元来の考えに適応するよう自身のモチーフと表現を加減します。フラットに磨かれた画面は、時間や手の痕跡を消すことを志向し、さながら白昼夢のように鮮烈な印象を残す絵画となります。

1982年、彼女が今日でも活動している京都に生まれ、京都市立芸術大学美術研究科を修士号、博士号の両方を取得し卒業。彼女のペインティングは the 7th Asia Pacific Triennale of Contemporary Art (2012), ヨコハマトリエンナーレ (2011) 、そしてニューヨークのJapan society ギャラリーでの"Bye Bye Kitty!!!" (2011) にて展示されています。さらに、the Museum of Old and New Art (タスマニア、オーストラリア) 、Queensland Art Gallery/Gallery of Modern Art (ブリスベン、オーストラリア)、そしてトヨタアートコレクションをはじめとする、多数の公私コレクションにて収蔵されています。
樫木 知子 うでピアノ 2015年
アクリル、水性アルキド樹脂絵具、パステル、砂、粘土、麻布、木パネル 212.2x183cm