作家紹介

照屋 勇賢

Yuken Teruya

アーティスト一覧へ戻る

照屋勇賢は、トイレットペーパーの芯、ファーストフード店の紙袋、国旗や蝶のさなぎなど、日用品や身近なオブジェクトを用い、時にそれらの使用法を変え、意味をずらすことで、日頃気付かずに接している日常生活の枠組みや問題を、鮮やかな洞察力をもって作品化します。

代表作「告知―森」では、ファーストフード店の紙袋や有名ブランドの紙袋に微細な切り込みを入れ、紙袋の中に街路樹などの実在の木をモデルとした木をつくりだします。紙袋はそもそも木から作られた工業製品であり、紙に留められた木の記憶を呼び起こし、この作品は木を再生させる試みである。と照屋は語ります。声高にではなく、大量消費社会と森林破壊を繰り返す現代社会に、静かに警告を与えつつも、ゴディバの金色の紙袋が紅葉した黄金色の樹木へと再生する手法は、私たちを幻惑させます。

照屋は、故郷である沖縄を作品制作の主題としており、紅型を用いた作品「結い You-I」では、紅型の伝統的なモチーフである花鳥とともに、戦後沖縄の最大の問題ともいえる在沖米軍の戦闘機、パラシュート部隊、さらに絶滅が危惧される辺野古周辺海域に生息するジュゴンなどの模様が巧みに配置されています。一見して美しい紅型は、地域住民との軋轢を常に生み出し、現在も沖縄本土の約20%を占める米軍基地が、沖縄の一風景としてそこに存在することを静かに示しています。作品タイトルの-結い-とは相互扶助の精神に基づく共同作業の制度であると同時に、英語ではYou-I、他者と私を意味し、楽園のイメージをふされた南国沖縄と基地問題をかかえる沖縄の二面性、日本、沖縄、米国という立場も価値観も異なる他者がいかにして共存するかを私たちに考えさせます。
同様に、最新作「Heroes」においては、沖縄民権運動の瀬長亀次郎やウルトラマンなどの沖縄にとってのヒーロー、また1999年から居住するアメリカにおけるヒーロー、バラク・オバマやアメリカ原住民のジェロニモに加え、ポップスターの安室奈美恵や昭和天皇などの著名人のポートレートを紅型で染め上げています。統治者と被統治者、崇拝する者とされる者、自国にとっての英雄と他国にとっての敵といったきわめてポリティカルな主題を扱いつつも、照屋は鮮やかな色彩と詩情豊かな表現で観者をひきつけ、多様な立場や価値観とそこに横たわる大きな問題を私たちに気づかせてくれます。