2019年1月26日(土)-2019年3月9日(土)Sat. 26 January - Sat. 9 March, 2019Sat. 26 January - Sat. 9 March, 2019

陽のあたる日常The Illuminated MundaneThe Illuminated Mundane

クリス・ヒュン・シンカンChris Huen Sin-KanChris Huen Sin-Kan
クリス・ヒュン・シンカンDoodood, Balltsz, MuiMui and Joel 2018年 油彩、キャンバス 200x320cm Chris Huen Sin-kan Doodood, Balltsz, MuiMui and Joel 2018 oil on canvas 200x320cm
オオタファインアーツでは、香港の作家クリス・ヒュン・シンカンの日本で初となる個展「陽のあたる日常」を開催いたします。ヒュンは、おもに自身の家族や身の回りの風景を描いたペイティングを発表してきました。水墨画の影響を受けた彼の技法は、抑えられた筆使いでモチーフを描くことに特徴づけられます。記憶を頼りに描かれたモチーフはどこかおぼろげですが、そこにはヒュンの平面作品における時間と空間の捉え方が見て取れます。今展で展示される新作では、青や茶色、黒といった色が加えられ、まるで一日の移ろいを表したような光のコントラストが描き出されます。描くという行為が日常を作品化できる手段であることを立証するほどの作品の数々をどうぞご覧ください。 Ota Fine Arts is delighted to present "The Illuminated Mundane", the first solo exhibition by Hong Kong artist Chris Huen Sin-Kan in Japan. Huen paints entirely from memory, and his works mainly depict his family and everyday environments. With limited brushstrokes, Huen illustrates his subjects remarkably - a technique he developed from the influence of Chinese ink painting. Although the viewer is able to recognize the motifs in Huen's paintings, there is a certain vagueness to it, reflecting the artist's attempt to capture time and space on the two- dimensional canvas. In his latest paintings, the colors blue, brown and black are introduced to express the contrast of light, illustrating the transition of the day. Ota Fine Arts invites you to the worldview of Chris Huen that explores the act of painting and the everyday life.

展覧会詳細Exhibition Information

展覧会名 : 陽の当たる日常

会期 : 2019年1月26日(土)-2019年3月9日(土)
11:00-19:00 / 日・月・祝 休廊


会場 : オオタファインアーツ
Title : The Illuminated Mundane

Exhibition Period : Sat. 26 January – Sat. 9 March, 2019
11:00-19:00 *closed on Mon., Sun., National holidays


Venue : OTA FINE ARTS