Biography

ブブ・ド・ラ・マドレーヌ、1961年に大阪府生まれ。奈良県在住。京都市立芸術大学美術学部構想設計専攻卒業。1992年にダム・タイプでの活動を開始、1994年から96年にかけてパフォーマンス《S/N》に出演。その後、国内外のアーティストとの共同またはソロでパフォーマンス、映像、テキストなどによる作品を発表。同時にHIV/エイズとともに生きる人々やセックス・ワーカー、女性、セクシュアルマイノリティなどの健康と人権に関する市民運動に携わる。また、当時より現在までクラブナイトでドラァグクイーンとしても活動する。

 

主な個展に「甘い生活」オオタファインアーツ、東京(2001年)、「人魚の領土」オオタファインアーツ、東京(2004年)。主なグループ展に「メイド・イン・オキュパイド・ジャパン」(嶋田美子との二人展)オオタファインアーツ、東京(1997年)、「どないやねん!」(バイターズとして参加)フランス国立高等美術学校、パリ(1998年)、「セックスと消費主義」プライトン大学、ブライトン(2001年)、「表現の生態系 世界との関係をつくりかえる」アーツ前橋、前橋(2019年)、「JAPAN UNLIMITED」frei_raum Q21、ミュージアムクォーター、ウィーン(2019)など。

Works
Installation shots
Exhibitions
Page
 2 
of 1
News
Page
 2 
of 2